zabbixとpyvmomiでネットワーク切断の自動化をしてみる


pyvmomiで作成したスクリプトをZabbixで実行して自動化するサンプルを作ってみました。ここでは、監視対象ホストから取得した値でアラートが発生したらZabbixサーバ側でスクリプトを実行して監視対象ホスト(VM)のvNICを自動で切断してみます。

検証方針

  • Zabbixサーバ、監視クライアント共にCentOSを使用する
  • Zabbixサーバに監視クライアントの登録、トリガー設定、アクション設定をする
  • 監視対象ホストからzabbix_senderで値を飛ばしてトリガーを発生させる
  • vCenterからVMのvNICが切断されたことを確認する

環境

項目 内容
OS CentOS 7.3
Zabbix 3.2.7-1
python python34
pyvmomi 6.5.0.2017.5.post1
vCenter バージョン 6.5.0 ビルド 4602587
ホスト Zabbixサーバ : ZBX_SRV、監視対象ホスト : ZBX_AGE

vNIC切断ツール

ソースコード

使い方

(1) 使い方は以下の通りです。

検証

ホスト登録

(1) ホスト情報は以下の通りです。

(2) 以下のマクロを登録します。

項目 内容
{$VCENTER_IP} vCenterのIP
{$USERNAME} vCenterへログインするユーザー名
{$PASSWORD} vCenterへログインするユーザーのパスワード

(3) アイテムは以下の様に登録してあります。

(4) トリガーは以下の様に登録してあります。

アクション設定

(1) アクションは以下の様に登録してあります。

(2) 実行内容は以下の様に登録してあります。

vNIC切断ツールのインストール

(1) ツールをダウンロードします。

(2) zabbixのスクリプトディレクトリへコピーします。

検証実行

(1) ZBX_AGEのvNIC状態が接続中のことを確認します。

(2) ZBX_AGEから「1」を送信します。

(3) タスクが実行されZBX_AGEのvNICが切断されたことを確認します。

vNICが切断されました 🙂
このような感じでpyvmomi + Zabbixを組み合わせることでVMwareの自動化が出来たりします。
最近は、現場でも工数削減や品質向上を目的とした自動化をしており(ほぼ必須になってきた)色々作っていたりします 🙂
自動化がきちんとハマるととても便利ですね!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)