vROpsのAPIを使ってみる GET編


VMwareの運用・監視ツールである vRealize Operations Manager(vROps) のAPI経由からPythonスクリプトで使ってデータを取得してみました。
ここでは、基礎的な部分について説明します。

環境

項目 バージョン
vROps 6.4.0.4635874
Python 3.4

vROps APIドキュメント

vROpsをインストールしていれば、以下のURLでドキュメントが確認できます。

URL
https://vROps IP or FQDN/suite-api/docs/rest/index.html

テストスクリプト

早速、APIを実行してみようと思います。
vROps APIの基本仕様は以下の通りです。

項目 内容
認証 Basic認証
レスポンスデータ XML(デフォルト), JSON

ここでは、JSONでGETしてみようと思います。
また、pythonでWebデータをやりとりするモジュールはいくつかありますが、例として urllibrequests を使います。
取得するデータは getAllActions(/api/actiondefinitions) を取得します。
レスポンス結果は、システムで定義されている使用可能なアクションが取得できます。

Look up all Action Definitions in the system.
Performing a GET /api/actiondefinitions call will query for all available Actions defined in the system. This includes the data needed to populate an Action in the system.

urllibでやってみる

urllib は標準で入っているモジュールです。

requestsでやってみる

requests は別途モジュールのインストールが必要です。
pipなどでインストールしてください。

実行結果

以下のように出力されます。

参考



Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)