Mackerelでカスタムメトリックを投稿してみた

Mackerelでホストを登録してみたので、今度はオリジナルのメトリックを投稿してみます。
これができるようになれば、自作スクリプトから得られた数値データをMackerel側へ送信しグラフで表示することが可能です。

ドキュメント

上記ドキュメントに書いてある通りにしてみました。
ただ、ここではドキュメントのRubyスクリプトをPython3で書き直しています。

カスタムメトリック投稿をやってみる

スクリプト作成

(1) ここでは、ドキュメントにあるRubyスクリプトをPython3で書き直したものを使います。

MACKEREL_AGENT_PLUGIN_META の部分ですが、mackerelエージェントは起動時にこの環境変数を1にして起動します。
ここのif処理を実行すると、Mackerel側でグラフが自動で作成されます。
手動でグラフを登録することも出来るのですが、数が多いと大変だしめんどいしで自動作成したいですよね 🙂
ここは、JSONで出力してあげる必要があります。

メトリックは タブ で区切って投稿します。
上記スクリプトでは print の部分です。

エージェント設定

(1) エージェントの設定をします。

項目部分は必ず plugin.metrics.任意の文字列 でなければなりません。
command に実行するコマンドのパスを書きます。

(2) エージェントを再起動します。

グラフが表示されたことを確認

(1) 問題なければ、ホストのグラフに表示されていると思います。

これで、自作スクリプトを使ってMackerelでグラフ表示できるようになりました 🙂

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)